ドラリオン サポーター黒田知永子さんの感想・・・


シルク・ドゥ・ソレイユの「ドラリオン」のサポーターに
就任した、黒田知永子さんが、サポーター就任に伴い
「ドラリオン フランクフルト公演」を見に行き、そのときの感想
話してくれました。

「パフォーマンスの凄さ、音楽、衣装、ステージ演出すべてが一体となって本当に違う世界に迷い込んでしまった感覚を受けました。」と
ドラリオンを観て衝撃を受けたという話をしてくれた黒田知永子さんでした。

日本でのドラリオンを観た感想も、紹介されていました。
『本当に飽きずに面白かったです。
笑いもあるし、感動もあるし、あとちょっとロマンティックだったり、すごい身体能力っていうのも感じるし、あそこの席に座ったときからショーが始まっていて本当に飽きさせない、うまく出来てるなって思いました。』

ドラリオンは、年齢に関係なく、楽しめる空間だったという
お話でした。

観客の一体感って、映画など観ていてもありますね。

思わず声を上げてしまう瞬間だったり、大笑いしてしまうような瞬間だったり・・・。
そういう一体感がすばらしいのもドラリオンの特徴かもしれません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。