ドラリオン 前作と比べてその感想は・・・


ドラリオンを観ました!!

ひとことで、「感動!」なのですがその感想は・・・。

シルク・ドゥ・ソレイユの舞台は日本公演の全てを観ています。

そのつど、感動させてもらえるのですが、今回のシルク・ドゥ・ソレイユの「ドラリオン」は今までの感動とは名全く違った類の
ものでした。

一番は舞台構成がすばらしかったことです。

前2作は一応ストーリーらしきものがあり、その流れにそってステージが展開していくという形だったのですが、少し中途半端な感じだったような気がしました。

同じようなパフォーマンスなら、中国雑技団のほうが上かも〜なんて、ちょっと感じたりしていました。

しかし、今回のドラリオンは一味違い、ステージを彩る、
「シンガー」「ダンサー」「パフォーマー」「クラウン」それぞれの存在がしっかりと融和しており、かっちりとした構成のなか、
全く飽きることなく舞台を楽しむことができました♪

特に今回は「クラウン」の存在がとても楽しかったです。

あきさせない笑い・・・クラウンはすばらしかったです!

まだドラリオンを観ていない方、東京最終追加公演や、福岡公演が
あるので、チケットがとれるかたはぜひ、行かれることを
お奨めします。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。