ドラリオン 今年はスーパーサーカス集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」


今、日本中を沸かせている「ドラリオン」で
お馴染みのスーパーサーカス集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」は1984年、カナダで誕生しました。

20人のストリート・パフォーマーたちが集まり、ケベック州を拠点に活動を開始します。

人間の持つ極限の能力を追求したパフォーマンスと、演出、音楽、衣裳、照明が美しく融合したステージは、総合芸術として高い評価を受け、公演を重ねるごとに話題を呼び動員を増やして行くこととなります。

1987年には、アメリカ公演を成功させ、1990年にはヨーロッパ・ツアーを行い、世界中から注目を集める存在となりました。

現在では40カ国以上から集まった約900名のアーティストを含む
3000人のスタッフで運営されています。

日本においては、1992年に『ファナシオン』で初来日公演を行い、
以後、『サルティンバンコ』『アレグリア』『サルティンバンコ2000』『キダム』『アレグリア2』と公演を行い、のべ564万人を動員する一大ムーブメントを巻き起こしました。

そして現在ドラリオンでさらに有名になりました。

肉体の限界を超え、完成度の高いショーを作り続ける
「シルク・ドゥ・ソレイユ」は、今年6月には、
ビートルズの伝説をミュージカルで称えるショー『ラブ』の
プレミアをラスベガスで上演するなど、エンタテインメントの
さらなる高みを追求していきます。

地上唯一のスーパーサーカス集団、それが「シルク・ドゥ・ソレイユ」なのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。