ドラリオン 出演者たちの国籍は?


ドラリオンはシルク・ドゥ・ソレイユという
カナダの一座が公演をしていますが、いろいろな演目を演じる
ドラリオンの出演者の中で、一番多い国籍は
どこかご存知ですか?

実は半数以上の出演者が中国人だそうです。

なぜドラリオン出演者に中国人が多いかというと、
やはりそのテーマや演目に関係するのですね。

ドラリオンは、"東洋(ドラゴン)"と"西洋(ライオン)"の
融合がテーマなので、東洋の象徴として中国が選ばれ、
中国のパフォーマンスとして有名な中国雑技をヒントとした
ドラリオンが産まれたのです。

サルティンバンコやアレグリア、キダムで実績のあったシルク・ドゥ・ソレイユが、中国雑技のパフォーマンスとコラボレーションしたドラリオンに、中国の出演者が多いのは当然ですね。

その他のドラリオン出演者にはヨーロッパやアメリカなど11ヶ国籍のアーチストがいるそうです。

果たして言葉の壁はどう克服するのでしょうか?やっぱり英語が中心なのでしょうか?
芸術は言葉を超えるってことですから、通じなくても大丈夫かもしれませんね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。